عربي | English | Español | Français | Italiano | 한국어 | 日本語 | Русский
役立つため十分に役立つため、-すみやかにそして効率的に役立つため
契約期間を越えて役立つため
についての正確な洞察力を持ちなさい
innerman、彼の潜伏才能
未開発の潜在的な地帯
精神適性検査 
心理テスト-数推論
個人面接および貿易テスト前に、すべての候補者はこれらのテスト プログラムによって取られる。 このテストの主な目的は人彼自身が気づいていないであるかもしれない内部人、彼の能力、彼の潜伏才能および未開発の潜在的な地帯についての正確な洞察力を持つことである。 私達の精神適性検査は心理学および査定の一流の分野における専門家によって開発される。 これらのコンサルタントは特に一組の異なったレベルが付いている精神適性検査をI、II、III、の内の連続的な階層に現代経済的な確立を等級別になるIV案出した。 テストはすべての標準機能を特色にする: 英語-理解および用語の数学鋭才、論理的な推論、非ことばによる推論、知能、創造性。 これらのテストは階層のどんなレベル候補者がポストのための彼の適合性を行い、確認しなければならないか考慮に入れる。

テストは正確に志願者が精神監禁、社会的で、感情的な表現のニュアンスを理解する志願者の能力の測定の下で行うことができるかどの程度までテストしたり巧妙なチーム仕事に於いての重大な役割および従業員の相互作用–今日の専門の職場で重大な資格--を量を示す志願者の語学力およびことばによる理解を、量を示す視覚の両方量を示し、志願者の聴覚の記憶能力はプロセス情報、両方の等に、能力の迅速かつ効率的に量を示す。

適性検査は私達の顧客を雇用に関してはより知識のある決定をする機会都合する。 位置に適用していて頻繁に複数の志願者が比較をされるの重要性は過少見積りすることができない。 テストは右の候補者の選択の点では非常に重要である多くの要因を査定する。 それらは問題に一致して解決し、推論し、書き、そしてうまくやる他を志願者の能力を査定してもいい。

タイプのテストは下記のものを含んでいる:

  • 技術はテストする: 通常これらはキーボード/タイプ速度またはデータ エントリーのような仕事の重要な機能に関して容易な仕事、である。
  • 知識はテストする: これらは候補者が仕事の特定の面について知っているかどの位測定するように設計されている。 知識テストは候補者は知識の必須のレベルがあることを保障する仕事に関連している特定のトピックに基づいているべきである。
  • 能力テスト: 通常これらのテストが認識か知能を測定するのに使用されている。 能力テストはパフォーマンス・レベルと関連し、仕事場のシナリオを持つ候補者を示し、ある特定の状態ですることを説明するように頼むことに基づいている。


人格検査: 多くの人格検査は、手段を選別する雇用の最も一般的の人格の5つの基本的な要因ある–

(1)経験への開放性、(2) extroversion、(3) agreeableness、(4) conscientiousnessおよび(5)感情的な安定性。 このテストは販売の位置のために頻繁に使用され、性能を予測するのに人格検査が使用することができるという証拠がある。 ¹

通常、適性検査は雇用者の前提、または設計する第三者によって作動するテストの中心の時間制御方式の環境で、提供される

適性検査の利点

インタビュー プロセスと共に適性検査の管理へある特定の利点がある:

1. 調査の²はオーバーオールがテスト成功ことをのための潜在性の予測でかなり正確であることを示した。 仕事のための右の候補者の識別を助けるにはテストの使用に余りにそれ以上の利点がある

2. テストはまた人の強さおよび弱さの査定に関してはかなり正確である。 単独で要求される、適性検査の提供のより大きい洞察力の付加を候補者で成功に候補者の潜在性に詳細な調査提供する。

3. 適性検査は位置がを求める技術のタイプを検査する機会候補者を都合できる。 それらが位置のための右の適合であること非常に重要ことは求職者の感じである。

最終結果

求人募集へ候補者に一致させることは頻繁に知られているものがの従業員関係管理(ERM)として始めを示す。 候補者がいかに評価され、選ばれるか着手することはこの関係の基礎の形成に必要で、未来の性能が測定されるフレームワークを形作ることができる。 健全な職務が潜在的な従業員が役割を引き受けるのに必要な責任および予想を理解するのを助ける間初期の知識および技術テストの適用は未来の開発の目的の識別を助けることができる。